冠婚葬祭のいろいろ、自然葬について

バナー

冠婚葬祭のいろいろ、自然葬について

冠婚葬祭は時代によって刻々と変化を続けています。

結婚式ひとつとっても、自分の親の世代とは少し違うと思っている人も多いのではないでしょうか。



お葬式についても状況は同じであり、最近にわかに話題になっている埋葬方法があります。



それは自然葬です。


自然葬とは広範囲の定義ですと、火葬後にお墓に入らず、海に遺骨を散骨したり、山の土に遺骨を埋めて土にかえしたり、樹木の下に遺骨を撒いたりする方法です。


従来までの亡くなったらお墓に入るという価値観が変化してきています。

海外では一般的には認知されている方法であり、人間が必ずしも亡くなったらお墓に入るという概念は他の国では当たり前のことではないようです。
日本では歴史的に庶民がお墓を作って埋葬を始めたのは江戸時代中期以降といわれています。
自然葬を希望する理由としては様々あるのですが、核家族化が進み、少子化の影響により冠婚葬祭に参加する家族が減少してきていること、また、お墓が遠方にあるために管理することができないし、頼れる親族もいないなどです。

他にも都市化が急激に進んだことにより、都会でずっと生活してきたので、最後はゆっくりと自然に回帰したいという欲求がでてきているともいわれています。
好きだった場所に散骨してほしいという気持ちから希望することもあります。



冠婚葬祭の形が現在の家族の形に反映されていると思いますが、自然葬も確かに時代のニーズにあった方法なのかもしれません。

Copyright (C) 2015 冠婚葬祭のいろいろ、自然葬について All Rights Reserved.