冠婚葬祭で押さえておきたい散骨の知識

バナー

冠婚葬祭で押さえておきたい散骨の知識

冠婚葬祭の「葬」にあたる散骨について、まだ少数派ではありますが、墓地をもたずに海や空、山中に遺灰を撒く「自然葬」を選ぶ人も珍しくなくなりました。


「自然から生まれ自然に還る」なんて考えの人もいれば、「海が好きだから」「山が好きだから」などの単純な理由で選ぶ人もいます。中には自らの希望に関わらず「お墓をたてる予算がないから」という複雑な事情のもと自然葬を選ぶ人もいますが、確かに少ない予算で行なえます。

散骨は業者に頼まずに個人で行うことも可能で、法律上も節度を持って行なわれる限りは違法性はないとされています。



ただ、「節度を持って行う」などはっきりしない表現で、きちんとした取り決めがまだないのが現状です。


そのため散骨する場所によっては、周辺住民とトラブルになってしまったりすることもあります。
散骨は他人に迷惑のかからない場所を選ぶのが大前提で「節度を持つ」とはそういった事です。

自然葬はまだ一般的ではないですから陸地はなかなか難しいのです。



それに比べ海や空は、そういった問題事が少ないですから選ぶ人も多いです。

東洋経済オンラインに関する特集の情報が満載です。

冠婚葬祭の「祭」はご先祖様を祭ると言う意味合いがありますが、そのご先祖様のお墓の処分を考えている人にも自然葬はひとつの選択肢になります。複数の遺骨でも散骨は可能です。

自然に還るという壮大な考えを持たずとも、冠婚葬祭のひとつの選択肢として自然葬を視野に入れてみることもありなのではと思います。

Copyright (C) 2015 冠婚葬祭で押さえておきたい散骨の知識 All Rights Reserved.