保守的な気風の中で自然葬をするには

バナー

保守的な気風の中で自然葬をするには

今、「自然葬」で葬られることを希望する、あるいは漠然とではあるが憧れている方が増えています。
自然葬というと、細かく粉砕した故人の遺骨を山林や海などに散骨することがよく話題になりますが、広い意味では散骨に限らず、遺体・遺骨が自然に還るような方法で葬ることを意味します。

今日日本では、亡くなった人の遺体はほとんどの場合強力な火力により火葬されて原形をほぼとどめない遺骨となるため、一見埋葬されればすぐ自然に還りそうな印象があります。



しかし多くの場合骨壺に納めたまま埋葬されることが多く、また(特に寺院の付属墓地や霊園などの)墓の構造そのものが遺骨を土に還さない仕組みとなっているケースが多いので、自然に還らない(還れない)状態にある遺骨がたくさんあります。
そうした「自然に還れない」ことに違和感を感じる方は案外多く、またいわゆる「先祖代々の墓」や「婚家の墓」に入ることを忌避することへのタブー視も少しずつですが軽減されてきたこともあって、余り保守的ではない地域では散骨など狭義の自然葬も割とオープンに語られるようになってきました。

しかし保守的な気風の強い地域ではまだ、例え故人が散骨を強く望んだ場合でも「親の墓を建てないのは親不孝である」という価値観が強く、狭義の自然葬はタブーとされることがあります。


そうした状況下にあっても、故人の希望もあり何らかの形で自然に還る葬り方をしたい、という方には一般的な墓に埋葬するけれども土に還る葬り方にする、という方法が勧められます。

wikipediaの情報を求める人におすすめのサイトです。

現に近年は墓の構造も変化してきており、遺骨を土に還さない仕組みを廃止して石室(カロート)に床を設けないタイプも増えてきました。


そうしたタイプの墓を建て、遺骨を骨壺から出して埋葬する(あるいは土に還る材質の骨壺を使う)のも広い意味では立派な自然葬です。



Copyright (C) 2015 保守的な気風の中で自然葬をするには All Rights Reserved.